ツミマリストの「コレ」買いました

「コレはイイ!」と思った物などをレビューしています。

カシオークにグレーカラーが登場!都会とアウトドアのクロスオーバーウォッチをレビュー!

ネットではいまだにプレミアム価格の人気G-SHOCK、カシオーク(GA2100シリーズ)

にEARTH COLOR TONED SERIESが登場しました。スペシャルに仕上がった新しいカシオークを早速レビューしていきましょう!

今回のPOINT

都会とアウトドアの融合を果たしたカシオークの魅力に迫る

 

今回レビューする時計

f:id:fourseasons24:20201120164255j:plain

GA-2110ET-8AJF

税込15,950円

ケース・ベゼル材質:カーボン/樹脂

バンド:樹脂

ケースサイズ (H×W×D): 48.5×45.4×11.8mm

重さ: 51g

 

ベースモデル時計

GA2100シリーズ

 

 

EARTH COLOR TONED SERIESとは

都市に生活基盤を置きながら自然の中へ旅に出る
そんな日常と非日常、都会とアウトドアが融合するような
クロスオーバーな日々を提案する。

引用元:G-SHOCK公式サイト  

g-shock.jp  

都会的な雰囲気のアースカラー

f:id:fourseasons24:20201120164159j:plain

f:id:fourseasons24:20201120213310j:plain

f:id:fourseasons24:20201120213325j:plain
今までのGA2100シリーズと比べるとシティユースで活躍しそうな色合いです。

シャツの袖からスッと出てくるオシャレな時計、手に持った瞬間にそんなイメージが湧きました。 ベゼル、文字盤、インデックス、バンドとそれぞれのパーツのグレーの色調は異なりますがとても綺麗にまとまっています。

バックケースにはカシオの新しい耐衝撃構造であるカーボンコアガードの刻印。

 

美しく見やすい文字盤

f:id:fourseasons24:20201120164255j:plain

アナログG-SHOCKレビューの度に言っている気がしますが、

立体型インデックスが美しすぎる!

個人的にはスイスメイド時計並みのインデックスの美しさだと思います。

 

f:id:fourseasons24:20201120164336j:plain

今まで発売されたGA2100シリーズと違い反転液晶(ネガティブLCD)ではないのでデジタル部分が見やすいです。 今でも人気のオールブラックモデルはアナログとデジタルの両方が見えづらいと感じる場面がありますがそれと比べると視認性は格段に良いです。

 

f:id:fourseasons24:20201120164635j:plain

ネオブライト(蓄光塗料)が強めに効いているので夜間でも問題なく時間を確認できます。個人的には子供を寝かしつける時に重宝するので助かっています。

 

自然と手にしてしまう心地よさ

f:id:fourseasons24:20201120164535j:plain

着け心地が良くて着けているのを忘れる!

とまでは言いませんがそれに近いです。薄くて軽いとは以前から言われていましたが収まりの良いサイズ感が手首に馴染み、樹脂バンドの柔らかさのおかげでまったくストレスがありません。

 

カシオークブラックと比べて

f:id:fourseasons24:20201120164958j:plain

もし一つしか手に入れることができないなら私はブラックを選びます。それは単純な色の好き嫌いではなく二つを並べて見比べた時にブラックの方が完成度が高く見えるからです。ブラックはG-SHOCKという枠を越え評価されていますが、グレーはG-SHOCKという枠組みの中での優等生に収まる気がします。新しいモデルの発売により過去のモデルが再評価される現象はどの業界にもあることですが、今回グレーが発売されたことにより改めてブラックの人気が再燃するでしょう。

 

流行っても廃らない優等生

f:id:fourseasons24:20201120164607j:plain

今回レビューしたGA-2110ET-8AJFは流行ることはあっても廃りはしないデザインの時計です。誰が見てもオシャレだと思う時計はそう多くはありませんが、カシオークグレーモデルはどこに持っていっても人の目を引く時計だと思います。

メーカーの方に聞いたところずっと販売しているモデルではないらしいのでコレクションに加えたい方はプレ値になる前に行動することをオススメします。

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました!

また次回のブログでお会いしましょう!